韓国、“多目的空母”「独島」を建造 海自の「おおすみ」より大型

 韓国海軍がアジア最大級の強襲揚陸艦(LPX)を進水させるそうです。排水量が1万3千トンということですが、通常満載排水量で表すのが常ですから、海自の基準排水量8千9百トンの「おおすみ」級とあまり変わらないんじゃないではないでしょうか。
 しかも名前が「独島」だって。韓国人も悪い冗談が好きなようです。我が方も強襲揚陸艦「仁川」とか就航させたらどうでしょうか。

 もっとも近年、装甲車や戦闘機、練習機など軍備に関しては韓国の方が我が国より、合理的に開発調達を行っている気がします。一つには、経済危機もあり、業界が再編成されたことも大きいのでしょう。 

 「おおすみ」なんぞ、海自のアホウが初めに全通甲板あり、でつくった強襲揚陸艦もどきで、コストパフォーマンスが悪すぎます。「おおすみ」に求められる機能であれば、全通甲板もアイランド型甲板も必用ありません。せめて、せめてもう少し大型のエレベーターを艦橋後方にもってきて、ヘリの格納ができればまだよかったのですが。

 飛行甲板にヘリを固定して輸送すれば、そりゃ塩水モロに被って、再整備しないと飛び立ちませんよ。
 それの欠点が如実に現れたのが、先のインドネシア沖津波に際しての災害派遣。現地に着いてからへりが稼働するまで三日もかかっています。
 はじめから戦争するつもりがないという設計がミエミエです。因みの「独島」は海兵隊一個大隊、ないしヘリ一五機、戦車70両が搭載可能だそうです。
 我が海軍が次につくるのが、自称ヘリコプター護衛艦なるヘリ巡洋艦(海外で散々冷やかされるんだな、アレ)。
 いまだに、税金、所詮は人のカネ。後は野となれ山となれ。という気分が抜けていないようで心配です。

(産経新聞) - 7月6日2時44分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050706-00000013-san-int

この記事へのコメント

北極28号
2005年07月07日 08:39
トップヘビーでひっくり返りそうな悪寒(w
キヨタニ
2005年07月07日 12:00
ウリナラは一応世界に冠たる造船国。軍艦の建造経験は浅いが。いがいとまともかも。
自走砲K-9は単に99式に対抗したい一心でつくった駄作との噂はありますが・・・
truely_false
2005年07月07日 22:04
F-15Kも入れて、支払いはどうすんだろ?
土門見人
2005年07月07日 22:46
ウーリナラ一番 ウーリナラ一番
 行くぞウリナラ 己のために♪

 どうせ、また台所が苦しくなったら我が国に頼り、感謝の代わりに謝罪汁。展開は見えていますな。一体、何時になったら我が国のお人よしと外務官僚の売国は改まるのか?
 とっとと北と統一して、民族の悲願を達成し、お彼岸の彼方にワープして欲しいもんだ。
キヨタニ
2005年07月07日 23:36
北京は我が国にもかなりの朝鮮族が済んでおる。故に北朝鮮を我が国に併合する、といいっかねないですからねえ。それに気づかないというメンタリティ。
田舎の小役人
2005年07月08日 00:15
一昨年位から、高句麗は中国の一地方王朝だったとか言い出したあたりから、北朝鮮を飲み込むつもりでしょう。
支那人の方が彼らを千年以上扱っているんで日本人なんかより遙かに慣れているでしょう。
キヨタニ
2005年07月08日 00:32
北朝鮮が中国に併合された方が、韓国の経済負担も少なく、冷戦体制が続くので、周辺諸国には益が多いでしょう。
土門見人
2005年07月09日 16:14
タイ海軍が軽空母を保有しても、経費不足でろくに運用できないそうですが、同じ問題が発生しそうな……
 冷戦時代に旧ソ連太平洋艦隊と正面から対峙せざるを得なかった我が国は、ともかくも88艦隊を作る名文はあったかも知れませんが、現在の韓国にはありそうもない。結局、北のエージェントでしかないノータリン政権が、軍部にしゃぶらせるアメであると同時に、反日ナショナリズムの表現なのでしょうか。所詮、韓国人の税金が出所だから勝手ですが。

 砂糖大好きの『平壌クーデター作戦』のような話が現実になるとも思えないけど(どんな憂国の愛国者でも、北朝鮮の破産管財人になりたがるとは思えない)、北がクラッシュするときに我が国を道連れにしないで欲しいもんだ。拉致被害者を救出したら、後は知らん振りするようにしませう。
キヨタニ
2005年07月09日 17:47
K9に関してはほとんど99式に対抗するための見栄だけつくったので、結構問題アリとの噂です。軍備拡張より、首都を国境線から遠い、太田あたりに移す方が先かと・・・・
田舎の小役人
2005年07月10日 13:02
あれこれおもちゃを買い集めて自慢しているだけならいいんですが、金がかかるから本来自前ですべき事をケチっておもちゃの維持にあて、予算不足で困ったから、タカリに来られたら困ります。
それといずれ、このおもちゃは金正日か胡錦涛のコレクションになるのでしょうか?
キヨタニ
2005年07月10日 23:06
先日のパリの航空ショーでは結構韓国ブースで話を聞いてきたんですが、まあ、輸出=商売を考えているためか、我が国の防衛宇宙産業よりは真面目に努力をしていると思えました。
 もっとも工業基盤弱さや、米国との提携が多い上に、韓国のポテンシャルマーケットはイスラエルやらトルコ、南ア、旧東欧あたりが団子になっている感じですから、茨の道でしょうね。
 輸出が成功しなくても、その過程で得られたノウハウ、フィードバックは有益でしょう。そういうところは評価すべきだと思います。
林務
2005年07月15日 02:07
清谷先生
はじめまして。林務と申します。いつも興味深い記事を閲覧されていただき、ありがとうございます。
K9自走砲の件に関してですが、ご質問してもよろしいでしょうか。小生の愚聞では、k9は北朝鮮軍の長距離砲に対抗しうる性能が求められたとのことです。スペック上はドイツのPzH2000に匹敵する高性能で、トルコへの輸出(ドイツがトルコ向けPzH2000輸出禁止したためとはいえ)にも成功していたので、問題ありの車両というのは驚きでした。表面上のスペックからは分からない問題があるのでしょうか?もし差し支えないようでしたら、具体的な問題点をご教授いただけましたら幸いです。
先生の今後のますますのご活躍を祈願いたします。
キヨタニ
2005年07月15日 08:27
韓国の日本に対する対抗心というのは、普通に想像する以上です。K9に関しては、日本の99式開発の情報をえてから開発をはじめたので開発期間が短いんですね。K9の射程は現在の最大射程距離、40キロという、現在の155ミリ榴弾砲
の平均レベルです。
 K9に関しては、特に駆動系に問題があるとのことです。ソースは勘弁してください。
 PzH2000は重すぎ、コストも、運用費用も高価です。また弾側車から給弾を車体下部からおこなうのですが、これが非常に複雑なメカニズムです。ドイツが輸出しなかったのはクルド問題も絡んでいると思いますが、トルコ経済の悪化もからんでいると思います。
林務
2005年07月15日 19:56
清谷先生
ご返信誠にありがとうございます。駆動系の問題でしたか。またPzH2000の運用問題までご教授いただきましたことは望外の喜びです。合わせて御礼申し上げます。k9トルコ輸出版が主機を換装しているのは、この件を裏付ける情報の1つでしょう。ただ、機関、変速機、サスペンションとも外国の実績ある製品なので、それらのインテギュレーションに要因がある様にも思われます。
日本の99式と比べると、(99式)1987年度研究試作開始→1994年度より本格開発→1999年正式採用(k9)1989年開発開始→試作車1994年完成→1998年正式採用、同時期の開発であり、採用はk9が先ですが、隣国の新型自走砲開発が影響を与えたであろうことは、ご教授の通りとおもいます。しかし、参照、もしくはライバル視というのは対象が駄目な物では有り得ないことで、陸軍大国でもない日本の自走砲を優れた物、超えるべき対象として見てくれたともいえるような気がします。少なくとも99式のコンセプトを隣人は評価してくれたのだと考えると、韓国の技術者を抱擁して礼を言いたくなるのは、私の脳が暑さで変になっているからなのでしょうか。
林務
2005年07月15日 19:58
小生の愚見にてk9を見ると、IFVや自走短SAM、自走AAGなどの多様なファミリー車両化の追求、500両以上を早期に生産予定等、国情が異なるとはいえ見習うべきことの多さも感じます。
 朴政権による軍事工業建設から30年程度で、経済発展と同時に、ここまでの装備自給化(コンポーネント輸入の多さはあれども)を達成したのは、1つの驚異だといえるでしょう。翻って最近の韓国軍の装備計画のゆらぎには、次なる国防目標が見えない迷いがあるように感じます。

最後になりますが、先生の今後のますますのご活躍を祈願いたします。
ありがとうございました。
キヨタニ
2005年07月15日 21:46
他の箇所でも書きましたが、あまり韓国の防衛産業を軽視すべきではないと思います。設計、メインコンポーンネントをほとんど輸入に頼りつつも、着々と国産化、輸出によって力をつけています。色眼鏡で見ず、謙虚に観察すべきでしょう。

 基本的にぼくは99式をあまり評価していません。砲にくらべて車体があまりにも小さいことです。将来の近代化が思いやられます。

 ただし、一般的傾向として彼の国が我が国に異常なまでのライバル意識を持っているのは事実です。それが非合理的でも。
素人
2005年07月22日 22:38
そんなに陸自の車輌って評価低くする代物ですかね?車体の小ささなんて、フランスのGCTとかスウェーデンのバンドカヌーンのほうが小さいですよ。それに今の技術、アビオニクスにしろ何にしろ小型化が進んでいる現在車体の大型化は無駄以外の何者でもない気がするんですけど
キヨタニ
2005年07月23日 02:05
車体の小さい、大きいというのはいうまでもなく、相対的なものです。99式は52口径155ミリ砲、自動装填装置などを搭載している、自走榴弾砲からの弾薬給弾車と連結し自動的に弾薬するシステムまで導入しているわけです。
で、結構これらのシステムはかさばるんです。ぼくはPzhー2000(これは撮影禁止でした)、T-6などの弾薬補給システムを何度もつぶさに観察したのですが、意外にスペースをとるし、重たいようです。99式は車体に給弾システムを搭載しているわけで、その割には車体が小さい用に思えます。
 かとってPzhのように55トンもあるようなもどうかと思いますが。
GCTはは第二世代の主力戦車がである、AMX-30のものを流用しています。ですから砲塔に自走榴弾砲としての全てのシステムを砲塔内に搭載しているので、砲塔は大きいですよ。中は狭いけど。T6は更に巨大ですが・・・
 車体は主力戦車の車体ですから機動力などで不足は無いと思います。
 >技術、アビオニクスにしろ何にしろ小型化が進んでいる現在車体の大型化は無駄以外の何者でもない気がするんですけど
キヨタニ
2005年07月23日 02:07
その辺りは仰るとおりです。ですからイスラエル、オランダ、スイス、米国などのM109などの近代化は外見にほとんど変化なく行えています。ただし、これに先にのべた弾薬補給装置など機械モノを装備しようとすれば大型化は避けられないでしょう。
 個人的にはそれが崩壊した後Pzh2000やクルセダー(開発中止)のような、重厚長大型は事態に即せず、より軽いカエサルや米がFCS用にM777をベースに開発しているようなものが望ましいと思います。99式の場合、開発時期も含めて中途半端だった気がします。それでも既存の装甲車輌の車体を流用するという試みは評価しているのですが。
素人
2005年07月24日 10:22
でも今はその嵩張る自動装填装置があの砲塔の中に納まってるんですよね?普通なら大きい砲塔が必要、なのに99式では小型砲塔の中に納まるっていうのはスゴイ事なんじゃないでしょうか。
キヨタニ
2005年07月24日 12:33
特にかさばるのは給弾車からの給弾システムです。99式のは見たことはありませんが、海外のものを見ると結構スペースをとっているんですね。逆に、給弾システム、自動装填装置を性能をさげず、コンパクトできれば大したものだとは思います。あとは信頼性の問題です。
 ただ、先述のように車体のかなりの部分を給弾システムをで占められているのと、射撃時の衝撃を比較的小さい車体で受け止めなければならない。特に、フルチャージで効力射をおこなう場合、の安定性が問題ではないかと思います。
素人
2005年07月24日 20:48
給弾システム、自動装填装置を使うと1分間に18発以上(上限は公表されてないそうです)撃てるそうです。また、射撃統制装置は新野戦特科射撃指揮装置(新FADAC)とのリンクが可能とされてるそうです。これはかなり性能が高いような気がするんですけどどうなんでしょう。
安定性についてはまさか横転する訳じゃないでしょう。特に問題は無いような気がするんですが・・・
キヨタニ
2005年07月24日 22:05
要は詰め込み過ぎ、冗長性に欠けるのではないか、ということです。ぎっしり中に詰め込んでいると、いざというときに意外に問題になることが多いようです。

あと、開発中のはなしですが、下り坂でブレーキが利かなくなったことがあるそうです(当然直したんでしょうが)。このあたりは開発中にはよくあることですが。
素人
2005年07月25日 00:07
>ぎっしり中に詰め込んでいると、いざというときに意外に問題になることが多いようです
具体的にどんな問題なんでしょう?弾が詰まるとかそんな問題ですか?

下り坂でブレーキが効かなくなるのは普通の自動車でもありうる事ですし、まさかそんな欠陥をそのまま放置しとくなんて訳にもいかないでしょう。
キヨタニ
2005年07月25日 00:22
Pzh2000の場合、車体下部に後から給弾車を結合して、弾頭、チャージを動力で、一種のベルトコンべーアー方式で送り込み、それぞれ車内のしかるべき場所に搭載するんですが、非常に細緻で、しかもあれこれ場所をとっているんですよ。個人的には戦時に機能するのか?
と思ってしまいましたが・・・・・・・
できるだけコメントには答える方針ですができるだけ、短くお願いします。他の方にもお答えしなければならないので・・・

この記事へのトラックバック

  • 反戦・平和団体の皆さまは目を伏せておられる。

    Excerpt: 本当にショッキング過ぎる画像があるので、 リンク先ご覧になる前に心の準備をお願いします。 本当に酷い。 電撃で変わり果てた顔写真の中国人女性、迫害により死亡(大紀元6/22) http://www.. Weblog: * 園丁日記 * racked: 2005-07-07 10:53