暴力団の収益はく奪、法制審が改正法案の要綱骨子決定-先に官営暴力団をどうにかしてくれ

 法制審議会(法相の諮問機関)刑事法部会が暴力団にを更に厳しく取り締まる案を出しているそうですが、逆効果になるんじゃないでしょうか。

 ヤクザや侠客が、よりアンダーグランドになり、犯罪の手口が巧妙化したのは、サクラの代紋をつけた国立暴力団が彼らのシノギの道を絶ってしまったからではないでしょうか。多少のギャンブルぐらいみとめていれば、シノギが悪質化したり、企業化することもなかったでしょうに。

 それに裁判所が機能していない我が国では地域の簡易裁判所や、詐欺や踏み倒しの場合のサービサーみたいな役割を果たしてきたわけです。
 ところが暴対法やらで追いつめるからますます先鋭化する。しかも市民もカネの回収や揉め事も頼めなくなったわけです。

 経済犯罪は「民事だ。民事不介入だ」と警察は逃げる。裁判所の判決がでても、実際には機能していないので裁判起こすだけ損、という現状を何とかして欲しいものです。

 逆にパチンコなんぞは警察が介入してプリペイドカードやら景品交換所ができたころからギャンブル性が強くなり、社会問題化してきてます。ソープランドも保健所の管轄からいつの間にか警察の管轄=利権=シノギになってます。

 ヤクザ対策ならサクラの代紋をつけたヤクザの対策の方が先でしょう。


(読売新聞) - 9月14日0時5分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050913-00000112-yom-pol

この記事へのコメント

土門見人
2005年09月19日 19:52
更に、別に困ったことは外国の犯罪組織の上陸・浸透です。既に歌舞伎町はチャイナマフィアの進出が著しく、仁義もへったくれもないシノギに日本のヤクザは駆逐され、それどころか一部はパシリに成り下がる始末。戦後間もない頃、闇市内での朝連(朝鮮総連の前身)の横暴に対抗するため、警察と山口組が裏で手を結んだのが、今では正反対になっている。これじゃ新宿のゴッサムシティ(『バットマン』)化も、時間の問題です。
キヨタニ
2005年09月20日 13:19
もうすでにゴッサムシティでは?
 今の警察庁長官にもカネがらみの悪い噂もあることだし。警察にはしっかりしてもらわないと。後藤田あたりも政治家の勉強会でくだまく元気があるなら、後輩達を叱咤するほうがさきでしょうに。
土門見人
2005年09月20日 22:53
後藤田に限らず、警察官僚の理想とする世の中は、誰一人警察の無謬を疑わない社会です。警察は絶対的な正義の体現者で、あらゆる力の上に超然として立っていなければならないのでして、後輩達を叱咤激励してしまったら、その無謬を否定することになってしまいます。
 警察官僚や警察族議員に、警察の刷新は決してできないでしょう。それは、「自分が病気になることはない」と信じている医者に向かって、自分の病気を治せと言っているようなものだからです。警察力が正しく、強くないと国家全体の不幸につながることは確かですが、我が国の場合「警察は正しく、強い」と信じている勢力によって警察が内側から空洞化させられている。
キヨタニ
2005年09月20日 23:33
警察官僚の亀井静が「死刑反対!」なんてしんじられませんね。選挙対策以外に理由が思いつきません。
 実際に警察官とせっしてみると、キャリアとノンキャリの間には英国の中産階級と労働者階級以上の隔たりとそれに由来するすさみを感じます。

この記事へのトラックバック