いっそ国連安保理常任理事国の全部再選を提案したら?

 国連安保理の常任理事国入りなんぞを下手に考えるより、常任理事国の再選択を国連総会で提案しては如何でしょうか。

 国連はいうまでもなく先の大戦の戦勝国(そうでないのが一カ国潜り込んでいますが)かつ、核兵器保有クラブです。そうでない一カ国は核兵器を持つことで常任理事国入りをしたと見ることもできるでしょう。

 ですから世界では核兵器を持つことが国家のステイタスを上げる、そう考えて来た国が多いわけです。つまり核兵器保有は一等国への切符というわけです。戦前軍事大国化すること、例えば戦艦を何隻もっているかで国の格が決まった時代があったわけで、それを思えば理解できるでしょう。インドなどその典型例でしょう。
 パキスタンも対抗上「国民が草をはんでも」核兵器を持ったわけです。まあ、政府も国民も戦前の日本が戦艦の数を増やしていったのと同じような心情なんでしょう。
 
 現在の日本の常識はこういう国々には通用しません。ソ連が解体したことが引き金になり、旧ソ連やらかつて核兵器を保有していた南アなどから人材や機材が流出し、イラン、イラク、北朝鮮などに拡散したわけです。
 恐らく次はブラジルあたりが核兵器の保有を狙うでしょう。
 
 であるから、核のあるなしは関係なく、今までの常任理事国に代わり、新たに常任理事国を選ぶことを提案するのです。といっても世の中「金と力」です。ですが、どれだけ国連に貢献してきたか、また逆にどれだけ迷惑をかけてきたかを問うべきでしょう。

 金と力を持つ世界唯一の超大国であるアメリカは、マイナスを差し引いても文句無く再選されるでしょう。
 あとは、椅子取りゲームでしょう。EUには二つ椅子を用意するといえば、英仏独がも揉めるでしょう。
 このようなある種荒唐無稽と思われる様な案でも、それを提案することで現常任理事国に揺さぶりをかけて、世界第二位の経済大国であり、国際社会に長年貢献してきた我が国のプレゼンスを上げることができるし、なにより安保理常任理事国が固定さているという「常識」を世界が一度疑ってみる機会を作ることが重要ではないでしょうか。

この記事へのコメント

りえたん
2005年09月18日 11:02
英仏は戦勝国ではないし、ソ連や中華民国はなくなったし、と言ってみるテスト。
へろ
2005年09月18日 14:31
中華民国は一応残ってますが・・・
いつの間にか国連加盟国じゃなくなったけど。

常に五大国が常に安保理の理事国という
特権を維持してきたのを、
常任理事国の特権を無くし、
安保理理事国になる大変さを
味わって欲しいねえ。

後、日本は国連にカネをかけてるので、
日本語を国連の公用語にして欲しいかったり(笑)
キヨタニ
2005年09月18日 16:54
ブラジルが国連総会で同様の趣旨の演説を行ったそうです。国連もかえないとね。後日本人の国連信仰も。
土門見人
2005年09月18日 22:34
そもそも、我が国が国連に加盟する価値も、金を出す価値も、あるのでしょうか……?薩摩や長州が、幕閣になろうとするようなものでしょう。
truely_false
2005年09月18日 22:50
それよりも、まずは、日本で、United Nations を、“国連”ではなく、“聯合國”(中国語)と訳すべきでしょう(あるいは、仏語 Organization des Nations Unis からの訳で“連合国機構”とする)
キヨタニ
2005年09月19日 02:19
我が国も町村外相が国連にたいする分担金の見直しを要求していますがもう一歩踏み込んで欲しいですね。よその国からODAで援助されながら核兵力を維持し、世界中、特に貧乏国に兵器を売りつける、また武力による侵攻、恫喝を繰り返す国が常任理事国にふさわしいのか。
よく考えてみよう、というところですね。
イワシニニタリ
2005年09月21日 15:04
しかも、その常任理事国は、ODAで援助している国が常任理事国にならないように、他国にODAを与えて根回ししたり、あることないこと悪口を言いふらして、イメージダウンを謀っているのですから、開いた口がふさがりません。
日本の平和主義者、反戦主義者は9条を改正しようとしたりするだけで、ヒステリックに騒ぎ立てますが、「中国様」については尻尾を振ることはあっても、吼える事すらしない卑怯者たちです。
キヨタニ
2005年09月21日 19:11
憲法9条を放置するなら事実上の集団安全保障団体である国連から脱退しなきゃならないんですが。そこには目をつぶるんですよね、9条擁護派は。

この記事へのトラックバック