アメリカが総理の靖国参拝が嫌いな訳

 アメリカが総理の靖国参拝が嫌いなのは、自分の国のレジデマシー(正当性)を疑われてしまうからでしょう。

 日本にしろ英仏にしろ神話は遠い昔のお話です。ある意味お伽話の世界です。
 当時アコギなことをやったでしょうが、それらは神話ですから、で済まされてしまう。

 ところがアメリカは300年も立っていませんから建国以来の悪さは隠しようがないわけです。
 インディアンを殺し犯し、土地を奪い、メキシコの土地を奪い、米西戦争では因縁をふっかけ戦争を起し、独立を約束したフィリピンでそれを反故にし、独立派を拷問して殺しまくり、戦略爆撃で、民間人を虐殺し、あまつさえ原爆を落とし、ベトナム戦争では枯葉剤という化学兵器を使用し、パナマに侵攻して国家元首を誘拐し、中南米の独裁者を支援してきたなんぞというのは、歴史的なスパンでいえば、「つい最近」で一括りにされるタームです。

 ですから先の戦争も「ファシズムと民主主義の戦い」というフィクションを維持ししたわけです。ところがその民主主義=正義は戦略爆撃で民間人を殺しまくり、アパルトヘイト時代のい南アも真っ青の人種差別国家だったわけです。黒人兵はライフルをもたさず、コックとか砲兵のでも弾運びです。末期になって黒人の戦闘機部隊ができました、これは例外です。
 それは黒人が鉄砲の撃ち方を覚えると、自分たちの身が危ないからです。

 戦後になっても黒人、有色人種は銀行の口座も作れませんでした。アパルトヘイト時代の南アよりも差別的です。なんとか差別がなくなったのは80年代ぐらいからでしょう。
 南アは94年に黒人大統領が誕生しましたが、米国はオバマが最初です。
 
 それでも自分たちは民主主義=正義と自称しなければいけない。そうでないとアメリカ人というアイデンティティが崩壊してしまうからです。だから世界中でサダム・フセインやれノリエガ将軍やら悪いやつ(バッドガイ)を攻撃する。攻撃する自分たちはいいもの(グッドガイ)という理屈です。アメリカがしょっちゅう戦争しているのはこの偏執狂的な国民性のためでしょう。


 ですから、第二次大戦に関してもあの戦争は正しかった、ということにちょっとでもオブジェクションが感じられる発言に対しては神経質になるわけです。
 「戦後レジームからの脱却」なんてとんでもない話、なのでしょう。

 アメリカ人が一番嫌うのは自分たちがアンフェアと言われることです。
 ところが実際にはアンフェアなことを山ほどやってきた。だけどそれは「無いこと」になっている。だからアメリカのレジでマシーを疑うことを許さないわけです。


 ぼくは個人的にA級戦犯合祀は問題だと思います。勿論東京裁判は茶番ですし、本来無罪の人間が多数有罪にされています。ですから、これを認めるつもりはありません。
 あれが文明的な裁判であればブッシュもオバマも最近の戦争の戦争犯罪を裁く法定で被告席にすわるべきです。で縛り首か銃殺ですよ。

 靖国神社は戦死した人間と、負ける戦争を始めた人間は分けるべきでしょう。「生きて虜囚の辱めをうけず」といってい捕虜になるなら死ね、と言っていた連中が自分たちは虜囚になって生きながらえたわけです。これを是とできません。

 戦前の戦争も自衛の戦争と呼べるものと、軍部の都合でやった戦争に分けられるでしょう。日華事変なんぞ不要な戦争でした。陸海軍上層部は自分たちの予算が増えるから楽しかったでしょうが、現場の兵隊はたまったものじゃありません。またダラダラと戦争してイタズラに国力を浪費しました。
 第二次大戦も現実を分析することなく、内向きの社内政治の論理で、当事者意識が希薄なのに開戦しちゃったわけです。石油の備蓄なんぞもいい加減に勘定しておりました。

 ぼくはA級戦犯の合祀には反対ですが、だからと行って安倍首相が参拝してはいけないとも思いません。合祀の是非の結論がでるまで参拝するなと主張する「識者」と称するのがいますが、これは暴論です。
 これは国内問題です。外国にとやかく言われる話ではない。

 それに文句があるならばアーリントンから人種差別主義者と戦争犯罪者を完全に排除してから言って欲しいものです。

 それからドイツがあれこれ言っていますが、あれも言いがかりです。自分たちがナチで味噌をつけたから、そのいいのがれに使っているだけです。彼らの主張はアレはナチがやったことでドイツ人がやったことではないとなっています。
 ですからヒットラーの山荘とか当時の「遺物」は更地にしています。あれは無かったことにしようと。

 ユダヤ人の件も本当に反省しているのかどうか。ネオナチは多いし、人種差別も多いです。ぼくが欧州で一番人種差別にあうのはドイツです。

 
 てなわけで、外国様がと騒ぐのはあまりにナイーブですよ。

 高々20~30年ぐらいまで、日本人は生魚を食べるから野蛮だとよく言われていいました。欧米の「常識」では火を通さないのは「料理」じゃないというイメージがあったからです(でも、お前ら生牡蠣やらタルタルステーキは喰うよな?)。
 外国から野蛮と批判されたらといって刺し身や寿司を食べるのを止めましたか?


 実際に海外に行ってご覧なさい。
 アメリカ人がどれほど嫌わているか。アラブにしろアジアにしろアフリカにしろ。
 対して日本の評判はいいですよ。

  日本はこんなに素晴らしいのだと過剰に宣伝する選民主義プンプンの内弁慶的なプロパガンダを聞いて日本は常に正しいと、自己陶酔することは問題ですが、ちょっと悪口言われて位で右顧左眄する必要はありません。
 国際社会と付き合うのに一番必要なのは語学ではなく、面の皮の厚さと度胸です。

 


 以下は12月24日の防衛大臣記者会見のぼくの質問です。
http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2013/12/24.html

Q:韓国からの弾薬の要求ということは、5.56mm以外の要求というのはあったのでしょうか。それとも、5.56mm弾だけだったのでしょうか。
A:今回、私どもが現地から報告を受けているのは5.56mm弾のみの要請というふうに承知をしております。

Q:中期防で水陸両用車とオスプレイと思われるティルトローター機の調達が明記されているのですが、両方ともまだ十分な評価をしていない段階だと思います。AAV-7に関しては先日報道官の方から平成26年度中に評価を行うという回答があったのですけれども、平成26年度中ですとAAV-7指揮通信型、回収型が到着していないということで、APC型のみで判断をすると。そうすると、そもそもなぜ指揮通信型と回収型は評価目的で購入しているのかということになりますし、オスプレイに至ってはそういう評価を全くしていない段階で既にもう中期防で調達を決めるということで、すごく拙速な感じを受ける。何か政治的な導入をしなければ行けないという理由が両方ともあるのでしょうか。
A:私どもは、部隊から様々なヒアリングをする中でこのような装備についての検討を行っております。今日具体的な予算についてのレクチャーがあるというように聞いておりますので、そこでしっかり聞いていただければありがたいと思います。

Q:住友重工の指名停止の件なのですけれども、機関銃関係で非常にデータなんかに一貫して不備があったということで、これに関して5ヶ月というのは非常に軽いのではないかと思うのです。74式機銃を調達された時期ではじめから全てデータが偽装されていると。これに関して例えばもう少し重たい処置はないのか、あとは例えばM2であるとかMINIMIに関しては外国からの輸入に切り替えるということは考えていないのか、あとは過去の損害賠償などは考えていらっしゃるのでしょうか。

A:この問題については、担当部局から私の方に報告があった時点から、ある程度時間をかけての対応について協議させていただき、内部でかなり検討して、最終的には報告も受けております。いずれにしても、今日終わった後細かく説明させますので、そこでお話をしていただければと思います。



真・大東亜戦争 1
アドレナライズ
2013-02-01
林 信吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真・大東亜戦争 1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


林信吾との共著、真・大東亜戦争キンドル版1巻が現在49円とお得になっております。全17巻です


新しいウェブニュースサイト、NEXT MADIA Japan In-Depthに寄稿しております
安倍政権の安全保障軽視が露呈!やっつけ仕事の国防計画?〜安倍首相はまともに安全保障を考えていない
http://japan-indepth.jp/?p=1956
これではまるで中国政府の記者会見だ!」〜情報発信強化を謳いながら、安全保障報道で外国メディアを差別する安倍政権
http://japan-indepth.jp/?p=1939
低性能でも価格は数倍から10倍の国産小火器〜住友重機が防衛省に納入していた機関銃データの改竄も露呈
http://japan-indepth.jp/?p=1930

夢想的な平和主義者ではなかったネルソン・マンデラ〜武装組織への上手な処遇が生んだ安定政権
http://japan-indepth.jp/?p=1900
「軍事産業は国の財産」と演説した現実的政治家ネルソン・マンデラの死と「最後の未開拓巨大市場」南アフリカの現在
http://japan-indepth.jp/?p=1919

防衛省・技術研究本部に実戦的な装備は開発できるのか①〜リモート・ウェポン・ステーションとは何か?
http://japan-indepth.jp/?p=1703
防衛省・技術研究本部に実戦的な装備は開発できるのか②〜必要な調達をする気のない自衛隊と必要ない装備を技術実証する技術研究本部の悪すぎる連携
http://japan-indepth.jp/?p=1720

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。
陸自の水陸両用装甲車、AAV7導入は裏口入学だ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013122500002.html
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(上)――トルコの狙いは何か?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013112500006.html
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(下)――日本がパートナーを組むべき国はどこか?


アベノミクスで食材偽装が増える?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013111100009.html


機動戦闘車は必要か(上)――島嶼防衛にもゲリラ・コマンドウ対処にも不向き
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013103100010.html?iref=webronza
機動戦闘車は必要か(中)――脆弱な防御力
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013110100004.html?iref=webronza

この記事へのコメント

2013年12月30日 18:17
面の皮の厚さと度胸があるからドイツは責任をナチスに押し付けて、負け戦について追及されないようにしているわけです。私もフランスと中国が「戦勝国」に名を連ねていることや、安保理の常任理事国として拒否権をちらつかせて支配する側にいることに納得できません。ただ、日本は敗戦国なのです。敗戦国でありながら世界史を過去に遡って修正するのは、飛んで火に入る夏の虫でしょう。さらに同じ敗戦国でも、日本はドイツとは違って有色人種で非キリスト教ですから、ドイツ以上の面の皮が必要です。よって、わざわざ修正主義との烙印を押されるリスクをとってまで、靖国にフォーカスを当てるような言動にこだわるのはリーダーとしてナイーブです。戦犯合祀の問題解決は、政教分離の制約により不可能ですし、介入したらしたで中国と韓国が歓喜するだけでしょう。参拝の対象が「墓」ではないので物理的に移動することもできないらしいです。現在の日本人らしく無宗教(そもそも節税対策のビジネス宗教や葬式仏教の教えにありがたみはない)施設を作り、天皇陛下や米大統領が参拝できるようにすべきです。中国と韓国以外の世界のリーダーが次々に参拝できれば、外交儀礼と国内世論に挟まれる中国や韓国もおとなしくなるかもしれません。
JFK
2013年12月30日 19:10
アメリカ在住の映画評論家・町山智浩先生の『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』に書いてありましたけど、保守と呼ばれてる共和党ほど戦争に消極的なんですね(アホのブッシュは別ですが)。

対してリベラルと言われている民主党ほど好戦的で、民主党の大統領ほど戦争はじめるんですよね。

(そもそもネオコンは左翼からの転向組ですし。)


この辺は日本とは違うところですね。
マリンロイヤル
2013年12月30日 20:28
シナ朝鮮の目的は、内政干渉して日本を屈服させる事なので、分祀しようが無宗教の追悼施設だろうが批判を止める事はありません、一切無視するべきです。靖国が戦没者追悼施設として存続するには、第二次大戦は古典的戦争と違って民間人が内地で死亡した現実を考慮し、空襲や原爆で死亡した民間人も祀る事で解決できます。
アホ草
2013年12月30日 20:28
アメリカのお父さんは中東やアフガンなどで忙しく。今はアジアで戦争が出来る状態ってないって事でしょう。だから日本お兄ちゃんは中韓の弟をなだめすかしなさいと言うことじゃないの。まあ、たまには堪忍袋の緒も切れるでしょうな。生身の人間だし。
Flint_Lock
2013年12月31日 08:56
靖国参拝と、「戦後レジュームからの脱却」とが合わさることで、それは連合国による戦後秩序への異議申し立てを意味し、国内問題では止まらなくなります。

日米同盟は、米国は価値観の一致を前提としていますから、反旗を翻した同盟国に対しては、米国は消極的な防衛義務しか見せなくなるでしょう。未だに軍隊を持たない日本が、中国に単独で対抗して尖閣を防衛することは、非常に困難です。


日華事変に正当性を見出せない以上は、国際連盟による対日経済制裁には正当性があり、それに対抗して軍事侵攻を行った太平洋戦争にも正当性は得られません。安倍首相が行うべきなのは、海外にむけて東京裁判の大枠を肯定した上で、その価値観の修正を訴えていくことです。

安倍首相は、内心では「東京裁判は茶番だ」と捉えているのではないかと思います。そうした理念を維持するために、靖国参拝をしつつも、東京裁判の位置付けについて自身の言葉で説明することを避け続けるのであれば、日米同盟は停滞し、中国はその間隙を必ず突いてくるでしょう。


私が思うに、日本が世界にむけて掲げていく歴史観としては、リットン調査団の報告書を肯定することです。報告書では、日本の満州侵攻には中国側にも原因があることを認め、解決策として満州に自治政府を樹立し、実質的に日本の保護下とすることを提案しています。この提案を日本が受け入れていれば、満州の日本の権益は維持され、中国との戦争も回避できました。
黒いタヌキ
2013年12月31日 12:11
いわゆる戦勝国利権ってヤツですね。私が日本の集団的自衛権行使に反対な理由は、こんな腐った戦勝国を中心に回る世界を守る為に、日本人が血を流すのが納得出来ないからです。米国は「5人の警察官で平和を守る(4人だったかな?)」とホザいた訳ですから、どうぞ5人(安保理常任理事国)だけで頑張って下さい。勿論、そんな事は出来ないでしょうけど、それは日本人には責任の無いことです。
2013年12月31日 18:32
愛国心の捉え方はそれぞれかと思いますが、負けは負けであるという認識が足りない人たちがいることが残念です。戦没者が何を思うか想像してみてください。例えば日本兵は米軍に殺された人よりも、疫病や飢餓で亡くなった人が多いそうです。軍事的合理性の欠片もない指揮命令がまかり通り、その損失の責任を誰も取らずに済むように制度設計された結果です。統計的に相手との物量の差が明確だったので、「日本は物量で負けた」という人もいます。ならば「もし物量的に互角ならば勝てたのか」と伺いたいです。事実として敗戦直前の意思決定の不味さは、物量とは関係のない欠陥を露呈したものだと思います。日本に「戦争をやめる能力がなかった」ことで、アメリカに原爆投下の大義名分を与えてしまったのです。将来の日本のために、さまざまな検証が必要ですが、戦後世代は当事者たち(佐官級以上の将校)の声を聞こうとしましたか。私(1983年生まれ)を含め戦後世代は次世代の日本人に対して、歴史を闇に葬るという罪を犯していることに気づくべきです。念のために確認しますが、非軍人や若年召集兵のいわゆる「戦争体験談」は教訓になり得ません。体験談は教訓に迫るきっかけです。教訓の本質はリーダーたちの失敗を検証して次世代に伝えることです。
2013年12月31日 21:54
日本にはA級戦犯はもういないですよ
日本政府及びサンフランシスコ講和条約で
全ての戦争犯罪人とされた人たちは「公務死」で扱われることになってますから
ひゃっはー
2014年01月01日 08:28
あ 様へ
おっしゃる通りです。まずは終戦と言わずに、敗戦と言うところから地道にやっていこうと思います。
新年おめでとうございます。
通りすがりです
2014年01月01日 14:58
よく靖国神社に代わる無宗教の施設を作ってみてはどうかという意見があるが、慰霊という行為そのものが宗教的なので矛盾していると感じます。慰霊ではなく顕彰の為の施設というのならわかりますが。
英知の人・エイチマン
2014年01月01日 22:31
日華事変、日中戦争こそは、正義の自衛戦争です。第二次上海事変で上海特別陸戦隊に計画的な先制攻撃を仕掛けてきた中国軍に対し、自衛的な目的で内地軍を動員したのですから、満州事変とは同一視できません。(その後の戦争指導が優れていたとは言えませんが)
シロ
2014年01月01日 23:27
アウシュビッツで人体実験をやったメンゲレって医者がいたでしょう?あの尾男の息子が言ってますよ。「ナチス犯罪や戦争責任について真剣に考えているドイツ人は、殆どいません。悪いのは一部の人間だと弁解し、私達のような少数の人間に全ての責任を押しつけたのです」とね。この人は、「お前は、犯罪者の息子だ」と随分苛められたそうですよ。だから、自分の子供は苛められないように、名前を変えたそうです。彼だけでなくナチス親衛隊の家族も随分苛められたそうですね。
しかし、メンゲレとかナチス親衛隊だけが、悪いのですかね?
シロ
2014年01月02日 11:59
第二次上海事変の黒幕は、ナチスドイツですよ。裏で糸を引いていました。当時から、あの事変は、事実上の日独戦争だったといわれていました。
蒋介石国民党軍とナチスドイツの密接な関係は、今ではなかったことにされていますが(ドイツ軍の軍服を着て、ナチスの紋章をつけた蒋介石の息子の写真が残っています)、結局歴史など、ご都合主義の固まりです。
ひゃっはー
2014年01月02日 16:25
シロ様へ
しかし、それだとドイツが「敵」の日本と三国同盟を結んだり、大戦中に潜水艦を使ってジェットエンジンやロケットエンジンの技術を供与した理由が分かりません。蒋介石の息子の件も、単にナチスにカブレていたから、と考えていいのではないのでしょうか?
Flint_Lock
2014年01月02日 20:10
第二次上海事変それ自体を見るならば、日本の正当な反撃であり、南京への追撃も正当化できます。しかし、国際連盟や9ヶ国条約の参加国は、それが満州事変と切り離して処理すべき問題だという立場は取りませんでした。

満州国成立当時は、国際連盟は対日経済制裁の発動を見送りました。第二次上海事変の勃発後に、9ヶ国条約や国際連盟による調停を日本が拒否したことで、国際連盟の対日経済制裁は決定されました。

満州国問題を抱える日本としては、第二次上海事変を自力で解決を図ることはせず、勃発当初の8月の英米仏による調停案に賛同すべきだったでしょう。また、南京攻略後に和平工作に失敗した1938年1月以降は、9ヶ国条約や国際連盟による調停に委ねるべきでした。第二次上海事変は、見方を変えれば満州国問題を国際調停によって仕切り直す好機とも成り得たはずです。

国際法上の合法性を獲得するということは、いかに同時代の諸外国から賛同を得るかの勝負でしょう。当時において、日本はその勝負で中国に敗れました。現代においても、第二次上海事変を日本が調停に委ねず拡大していったことに、正当性を認める立場は、海外においてはほとんど支持は得られないのではないですか。


経済封鎖から見た太平洋戦争開戦の経緯
www.nids.go.jp/publication/senshi/pdf/201103/05.pdf‎
ひゃっはー
2014年01月04日 17:32
靖国問題は国内問題というよりも、むしろ宗教問題でしょう。
例えば、イスラム教徒に向かって酒を飲め、豚肉を食えと強要することは民主主義に反します。それと同じで、安倍総理に靖国に参拝するなと言うことも、民主主義に反することではありませんか。民主主義とはそんなに軽いものなのでしょうか?
ねこ
2014年01月10日 01:14
中韓の主張を飲んで靖国に行かなかったら関係が良くなるかというと余計悪くなると思う。
言い分が通るとなれば調子に乗りエスカレートするのは見えてます。
そもそも中韓は関係改善を望んでません。
これでは幾ら日本が一方的に頑張って良くしようとしても良くなることはないのです。
無為に煽る必要はないですが舐められない毅然とした態度が正しい対処だと感じます。
イジメやクレーマーには黙ってるだけでは駄目です。
手厳しい痛撃を食らわすのが最も効果があります。

この記事へのトラックバック