借金軍拡は亡国への道


防衛省は第211回国会衆議院安全保障委員会で維新の会の美延映夫議員の

「自衛隊の偵察用無人機スキャンイーグルは、本国仕様、つまりアメリカ仕様では五ギガヘルツ帯で使用するものが、自衛隊向けでは二・四ギガヘルツ用に仕様が変更されているという指摘があります。これは端的にいきます。イエスですか、ノーですか」

という問いに対して、上田幸司防衛省大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官は

「陸上自衛隊が使用しています装備、スキャンイーグルについての御質問でございますが、電波法上の制約によって五ギガヘルツ帯で使用するものを自衛隊向けに二・四ギガヘルツ帯に仕様変更したといった事実はございません」と回答している。

ほんとですか?
メーカーは仕様を変更したとしているのですが、国会で嘘の答弁したら問題ですよ。

メーカーがわざわざ虚偽を言う必要はないでしょう。上田幸司防衛省大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官のいうことが事実であれば海外製のドローンジャマーはなんの問題もなく導入できるはずですが、実際は取材した複数のメーカーや商社はそのままでは日本では運用できないと証言しています。


文谷氏の東洋経済オンラインの記事ですが、批判している軍拡大好きなひとたちは、カネがなくても軍拡ができると信じ込んでいるようです。

いつも申し上げておりますが、国家の経済力超えた軍拡したお隣のソ連は崩壊しましたよ。


日本政府が防衛費を上げる前にやるべき3つのこと
陸自予算の削減、新戦闘機開発の中止、耐震改修…
https://toyokeizai.net/articles/-/757744

>日本政府は防衛費の増額を進めている。軍事力における対中劣勢を改善するため、2023年度からの5年間で従来1.6倍の43兆円、本年度の2024年には例年1.6倍の約8兆円を支出する予定である。
>しかし、増額継続は難しい。国民経済が困窮しているから、今は防衛費抑制を図る時期だ。2025年度以降の3年間で残り28兆円、毎年9兆円超の支出は非現実的でしかない。


>国にその余裕はない。日本は30年に及ぶ経済不振の中にある。しかも、この5年は消費増税やコロナ禍、円安の悪影響もある。国民生活も一段と困窮化している。
>この状況で計43兆円の支出は厳しい。国民の税負担はすでに限界に近い。そのため防衛増税もままならない。実際に防衛費増額分の財源確保もできかねている。

43兆円といっても真水は40兆円に過ぎません。しかも円安は進んでいるので、輸入装備も国産兵器の輸入コンポーネントも高騰しています。無論燃料代も高騰します。


円安の原因はアベノミクスで国力を低下させてたことです。稼ぐ力は減り、GDPの2倍以上の巨大な財政赤字が圧力となっています。これを放置していれば円安は更に進み、状況は悪化します。それを防ぐためには日銀の国債買い入れを減らして利上げをする必要がありますが、これまた大変です。金利が上がれば国債召喚費は拡大します。

本来膨れ上がった社会保障費を削る必要がありますが、有害ですらある湿布の保険適応すら見直せず、ふるさと脱税ことふるさと納税も止められません。

このような状態で建設国債=借金を原資に軍拡しているわけです。5年間はなんとかなっても長期戦は無理です。

>両国は地続きではない。陸軍にあたる人民解放軍100万人が中国本土に存在しても、日本に14万人の陸自が存在していても、互いにとって脅威とはならない。つまり、陸自は中国対策とはならない。

>陸自は防衛支出の相当部分を占めている。年度で変わるが陸自向け支出は防衛費の35~37%と頭一つ抜けている。海上・航空自衛隊はそれぞれ22~25%だ。5割以上も多い。
>これは防衛費増額後も変わっていない。支出割合の発表を中止したことから、それが推測できる。政府は防衛費の増額を決めた2022年の『防衛白書』から陸海空自衛隊ごとの支出割合の提示をやめている。
>陸自向け支出も従来比に合わせて増額したことをわからなくするためである。それからすれば、陸自向け支出は今なお35%前後を占めていると考えてよい。
>2024年度予算の8兆円であれば3兆円以上となる。ちなみに海自・陸自向けは2兆円に満たない。その1.5倍以上を消費している。

>戦車と野砲の発注増も大幅な増額を示唆している。2024年度予算では、10式戦車10輌と19式軽自走砲16門で合計26輌・門を発注する予定となっている。これは2020、2021、2022年度予算の平均13輌・門の2倍だ。当然だが、どちらも中国対策とはならない兵器である。

>この陸自向けの支出を抑えればどうなるか。陸自支出を従来額に戻す。または従来よりも節約する。さらには陸自の組織規模ごと縮小すればどうなるのだろうか。
>中国対策と防衛費抑制を両立できる。海空戦力を増強しながら防衛費の引き下げも可能となる。
>2024年予算に当てはめれば、6兆円代まで圧縮できる。陸自関連支出の割合を今までと同じ35%と推定すれば3兆円である。それを従来額の1.8兆円に戻すだけで防衛費は8兆円から6.8兆円になる。海空と同等額の1.2兆円とすれば6.2兆円となる。
>将来的に組織整理を進めれば、陸自向け支出は1兆円以下まで圧縮できる。たとえば、陸自14万人を7万人まで絞れば、従来と同様の支出をしても0.9兆円で済む。


これについては大賛成です。
浮いた7万人を民間セクターに回せば、お金を稼ぐ仕事をしてくれます。これは少子高齢化の現在大きな労働力です。逆に申せばその分の労働力を国防が奪っているとも言えます。


>新戦闘機開発の中止だ。日本・イギリス・イタリアの3カ国で共同開発する戦闘機について、日本は現時点で1.7兆円を投じる計画である。それを中止する。

これについてはぼくは反対です。見込みがないくらい開発費や調達費が高騰するならば停止もやむを得ないでしょう。
ですが、英国もF-35の問題点を理解しているはずです。非常に高い開発費や維持費、低いミッション達成率をどのようにしてアボイドするかは考えているはずです。もっとも成功するとは限りませんが。

F-35については軍オタさんたちはコスパ高い!と礼賛していますが、事実ではありません。
米空軍機の即応性は前年度よりも全体的に悪化、F-35AはF-22Aを下回る
https://grandfleet.info/us-related/u-s-air-force-aircraft-readiness-worsens-overall-from-last-year-with-f-35a-falling-behind-f-22a/

>米空軍は作戦機に関する2023年度のMission Capable Rate=MC率(少なくともミッション要件の1つ以上を実行できる状態)を公開、全体的に米空軍機の即応性は前年度よりも悪化しており、特にF-35Aは毎年最低の数値を叩き出すF-22Aを下回っている。

>米空軍はF-35AのMC率を明かしていないものの、米政府説明責任局(GAO)は4月に発表したレポートの中で「F-35AのMC率は51.9%に低下した」と言及しており、Air&Space Forces Magazineは「KC-46AのMC率は69.90%から65.00%に低下し、同機と交換されるKC-135のMC率は69.70%だった」と言及、これは最新鋭のKC-46Aが旧式のKC-135に即応性で負けていると言いたいのだろう。

>数年前までF-22AとB-2AのMC率が低すぎて異常に目立っていたが、個人的に「全体のMC率が下がり続けて違和感が無くなってきた」「毎年最低の数値を叩き出すF-22AにF-35Aが負けている」という点が非常に印象的だ。

>戦闘機戦力全体のMC率が下がっているのはF-35Aによる更新が進んでいないことに、そのF-35Aが依然としてメンテナンス問題に躓いていることに原因があり、MC率が比較的良好なF-16Cが戦闘機戦力の即応性を下支えしている格好で、もしF-16CのMC率が低下し始めると有事の際の作戦機が足りなくなるかもしれない。
>因みにF-15CとF-15Eの数値が異常に低いのは退役予定の機体が含まれているためだ。

ステルス戦闘機の維持コストは極め高く、稼働率やミッション達成率は低い。しかもF-35は現在もフルの生産は行われておらず、初期低レート生産が続いている。このような問題点をティア1の英国が問題視していないはずはあるまい。そこを期待するしかないですね。


>耐震性が疑わしい建物も、確かにいくつか残っている。戦争中や戦後の進駐軍向けに作った木造建築は危険である。ただ、勤務場所としては使っていない。武道場や、不要品をしまう物置に使う程度だ。
>このような建物は、本来は存在してはいけない幽霊物件だ。いずれも鉄筋コンクリートで建て替える際には取り壊す予定のものだった。それを「もったいないから」と残しただけだ。
>しかし、そのような幽霊物件に2024年度には3200億円もの予算をつけている。老朽化と耐震対策の名目だが、実際には防衛費を使い切れないためだろう。

これも賛成です。更に駐屯地の統廃合をすればコストを更に削ることができます。
後まだ金がある今のうちに既存の建物の断熱化を進めるべきです。樹脂製サッシとダブルガラスを使う、たてものの、屋上に断熱材を敷き詰めるとか、建物の密封度を上げるだけでも違います。そうすれば冷房を設置するにしても例えば10台必要なところ3台で済んだりします。あと太陽電池の導入。蓄電池を含めれば電力が安くなるわけではないですが、少なくとも昼間の電力は安いし、いざというときの冗長性確保にはなります。

海空自に関していえば、不要な国産機の調達と運用をやめるべきです。能力が低い上に値段は3倍運用費は7倍はかかります。であればこれ以上の調達は止めて、部隊も縮小し、半分以下にすべきです。P-1は20機程度に減らして、あとは予備機や部品取りに使えばいい。その分は無人機を導入すればいい。
C-2も8機ぐらいに減らして同様に余剰機体は予備機や部品取りに使えばいい。何なら全部退役でいいです。代わりにKC390、KC-130Jクラスとより小型のC-27スパルタンクラスを導入すればいい。運用コストは1/7程度になります。更に空中給油機能が付加できますから、空自の戦闘機部隊の戦力強化に繋がります。またUS-2は全廃して、ヘリに変えるか、陸自のV-22を転用すればいい。ヘリも給油すれば航続距離は伸びます。

また海自の哨戒ヘリも無人機に置き換えて行くべきです。

頭を使えばコストを削減してより効果的に防衛費を使えます。

足らぬ足らぬは頭が足らぬ。

■本日の市ヶ谷の噂■
防衛医大の桑田副校長(空将)は専門の論文ゼロ、発表ゼロの木村幹彦一佐を教授にした恩義をタテに、木村を秘書代わりというかパシリにこき使っている。木村は異動させられる恐怖感からしぶしぶ応じている、との噂。

Japan In Depthに以下の記事を寄稿しました。
新聞各紙 残念な防衛関連の未検証記事
https://japan-indepth.jp/?tag=%E6%B8%85%E8%B0%B7%E4%BF%A1%E4%B8%80

日本の報道の自由度が低いのは記者クラブのせい
https://japan-indepth.jp/?p=82748
陸自装甲車両調達の最新情報 24年度防衛予算
https://japan-indepth.jp/?p=82517

東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
「ドローン急襲」想定しない日本のヤバい防衛体制
https://toyokeizai.net/articles/-/753915


月刊軍事研究4月号に陸自の18式防弾ベストに関する記事を寄稿しました。
軍事研究 2024年 04 月号 [雑誌]
軍事研究 2024年 04 月号 [雑誌]

Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました。
次期装輪装甲車、AMV採用を検証する その2 AMVのライセンス生産によって日本の装甲車事業は壊滅する
https://japan-indepth.jp/?p=81695

次期装輪装甲車、AMV採用を検証するその1
駿馬を駄馬に落とす陸自のAMV採用
https://japan-indepth.jp/?p=81667

この記事へのコメント

Goodman80
2024年06月04日 13:33
イージス・システム搭載艦
DDG(X)
https://ja.wikipedia.org/wiki/DDG(X)
なんか諸元を見てると似ている様な気が。

日本政府が防衛費を上げる前にやるべき3つのこと

は私も投稿もし、誠にその通りと思いますが、日本政府、防衛省や自衛隊に当事者意識が皆無なんでどうしようも無いでしょ。三自衛隊もド素人なオタク軍団なんで、近代戦など夢のまた夢。大声で威嚇するだけの人間が出世するおサルの兵隊さんなんで。
一度解体して、新しくEEZ内を死ぬ気で守る国内軍と、世界中の邦人を助ける為に何時でもどこでも駆け付ける国外軍を作るべき。まあ、お国は一般国民を守らず、企業も一般職員を守る気が全く無いお国柄なんで、変わる可能性は限りなく零に近いでしょうが。
やれやれ
2024年06月04日 15:39
リフレ派の人は紙に金額を書くだけでお札になると信じているようだから困ります。
MMT理論が正しいとするとインフレの今は金利を上げて引き締めしないといけないのにそれも理解できないようだし、たぬきの葉っぱとお札の違いも分からない連中に金を使わせたら駄目ですよ。
後で国民が支払う羽目になるのが分かっていない、いつまでも経済大国だと勘違いしている連中のなんと多いことか。
無駄遣いばかりで経済成長せず日本円は弱くなったと言うのにお目出度い事だ。
言ってもわからない連中の為に円ではなく何でもかんでも$換算で考えるようにすると少しは置かれた立場が理解できるのではないかと愚考します。
1$150円として1月のお給料30万円とすると2000$
1$100円だったら3000$
なんと1000$も給料が減った!と騒ぐでしょう。
日本だから日本円でいいんだ!なんて言っているから駄目なんですよ。実質的に給料減っている事に気が付かない。
外国からお買い物をすると言うことはそういう事です。

■本日の市ヶ谷の噂■
使えない上に奴隷もか。酷いものだ。
333
2024年06月04日 18:45
日本の国防組織防衛装備という物は隣が買ったから見栄で買ったピアノですよ。何が何でも弾けなきゃならない上達しなきゃならない
発表会に出て良い点を取らなければないらないというものでは無いんですね。取り合えず持っていたら恥はかかなくて済むというものでしょう。
外に向けたスピーカーで、さも練習しているように聴こえるように音楽を流すならいいんです。
もし、子供が家の中で真面目に曲を弾いて練習した日には「うるせぇ!他所でやれ!」と喧嘩になります。
だから体裁で置いておくだけで良いのです。
ゆえにどんなボロでも安物のガラクタでも構いません。
そして住人はクラシックもジャズも興味ありません。
ゆえに調律なんてやりません。

こんな感じで大多数の国民は国防にも国家主権にも興味が無いんです。
だから国防は選挙の争点にはならないでしょう?
北方領土にも拉致問題にも、聞かれたら無難に答えるけれど実は
あんまり興味が無いと思いますよ。
まず、日本人って国民の連帯感がすごく薄いんだそうです。
こういう話があります。
あるとき日本のある登山隊が北米で遭難したそうです。
ちょうど別の日本の登山隊もそこにそのときその山に居て彼らは下山中だったそうですが「俺ら関係ねえわ」とさっさと帰ろうとしていたらしいです。
そしたら米国の当局から「おれらアメリカ人の登山隊も引き返して現場に急行してんのに、おめえらなんで帰るのよ?同胞でしょ?」とお咎め受けたそうで。
国防も主権も一緒なんですよ。
われわれの国防。われわれの主権を守る!
あんまりピンっと来ませんね。
とにかく連帯感が無いのでどこかの県の離島が外国に占領されても
ピンっと来ない恐れはありますね。
政府は支配者、幕府、公方様なんですね。
下々の民百姓町人には異人が侵略して来ようが関係ありません。
それは幕府のお仕事でわしら関係ないもんね・・・です。
北方領土も竹島も地元の北海道や島根県のごく一部がワーワー言ってるだけのローカルなんですよ。
残念ながら領土主権すらローカルで自分たち国民全体の問題にはならないのです。

日本以外の国だともっとホットな問題になっているんじゃない?

偽陸士
2024年06月04日 19:28
>「陸上自衛隊が使用しています装備、スキャンイーグルについての御質問でございますが、電波法上の制約によって五ギガヘルツ帯で使用するものを自衛隊向けに二・四ギガヘルツ帯に仕様変更したといった事実はございません」


ドローン運用すんのに。法規制どうやってクリアしたのかねぇ?

海外でしか運用しません!
とでも言うのかな?
2024年06月04日 19:42
>ドローンの電波

レース用だと5.7~5.8GHz帯もOKらしい。

ーーー基本的にドローンの電波には2.4GHz帯が使用されますが、レーシングドローンなど一部5.7〜5.8GHz帯も使用されます。ーーー
https://product.acsl.co.jp/useful/post-2285/

自衛隊のヤツ、名目上はレース用で登録とかw
偽陸士
2024年06月04日 19:54
2024/06/04 19:42様。

そうだ陸自の演習場を、ドローンレースの会場として開放すれば良いんだ。

でも陸自主催だとバイアスロンみたく振るわなくなるかも知れない。
佐川急便とかヤマト運輸辺りがいいかも。
ミスターフリゲート
2024年06月04日 21:56
とにかく連帯感が無いのでどこかの県の離島が外国に占領されてもピンっと来ない恐れはありますね。
下々の民百姓町人には異人が侵略して来ようが関係ありません。

流石にミサイル撃ち込まれれば目が覚めるんじゃないだろうか。知らないが。

>それは幕府のお仕事でわしら関係ないもんね・・・です。

まあ自衛隊がなんとかしてくれるでしょという感覚かと思われ。
平和ボケというか侵略されるヤバさを知らないというか。
333
2024年06月05日 02:23
>流石にミサイル撃ち込まれれば目が覚めるんじゃないだろうか。知らないが。

そういえば、中国の攻撃型無人機が飛んで来たらしいです。
相手が無人機でこちらが有人機でスクランブルですから疲弊させるのも目的かな?

中国軍の偵察・攻撃型無人機が鹿児島・奄美大島沖で飛行したのを初確認 航空自衛隊戦闘機がスクランブルで対応 防衛省
https://news.yahoo.co.jp/articles/4344cdf7a344d802f2719731940bdb0dffbbddcd

あと、ミサイル打ち込まれても場所によっては遺憾の表明や抗議で終わりそうな気がしますね。
もしくは隠せる場所なら国民がホットになることを恐れて隠蔽するか。
通りがかりの軍オタ
2024年06月05日 06:56
> >流石にミサイル撃ち込まれれば目が覚めるんじゃないだろうか。知らないが。
通常弾頭なら、隣町の火事程度にもなりませんから目は覚めんでしょ。
日本人の無連帯・無規範で砂のような一体感は今に始まったことでなく
GHQ占領による鬼畜米英からギブミーチョコレートへのどんでん返しによる
急性アノミーですから不治の病です。
 そのあたりは小室直樹、急性アノミーで検索されたし
Goodman80
2024年06月05日 11:20
<社説>HPに牛島司令官辞世 自衛隊は「皇軍」に戻るのか
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-3156748.html
無駄に地元の人間の神経を逆撫でする真似を、本当にバカなんですね。
安心してください、守らないのは沖縄県民だけじゃ無いですからー。部隊配置を見れば、誰を守る為の組織か小学生でも一目瞭然。まあ、在日米軍基地の配置は全く逆なんですけどね。よく言えば守らされる為の人質すね。
それに自衛隊は「皇軍」じゃなくて「蝗軍」ですね。天下り企業と言う虫がたーくさん付いてますから。
風鈴火山
2024年06月05日 11:22
その国会答弁についてですが、「電波法上の制約によって」周波数を変更したわけではない、という意味にも取れますね。自衛隊用に周波数を変更したけれども、それは電波法上の制約が理由なのではなく、自衛隊の任務上で最適化するためだ、との逃げの弁明が隠されているのではないでしょうか。
KU
2024年06月05日 11:25
海上保安庁、大型ドローン導入に向け初の実証飛行へ…救難・灯台管理・地形観測で活用

https://www.yomiuri.co.jp/national/20240604-OYT1T50195/

記事中に出てくる国産ドローンが採用されれば、周波数の問題はクリア出来ますかぬ^_^;
ミスターフリゲート
2024年06月05日 12:31
>日本政府、防衛省や自衛隊に当事者意識が皆無なんでどうしようも無いでしょ。三自衛隊もド素人なオタク軍団なんで、近代戦など夢のまた夢。大声で威嚇するだけの人間が出世するおサルの兵隊さんなんで。
一度解体して、新しくEEZ内を死ぬ気で守る国内軍と、世界中の邦人を助ける為に何時でもどこでも駆け付ける国外軍を作るべき。まあ、お国は一般国民を守らず、企業も一般職員を守る気が全く無いお国柄なんで、変わる可能性は限りなく零に近いでしょうが。

>通常弾頭なら、隣町の火事程度にもなりませんから目は覚めんでしょ。
日本人の無連帯・無規範で砂のような一体感は今に始まったことでなくGHQ占領による鬼畜米英からギブミーチョコレートへのどんでん返しによる急性アノミーですから不治の病です。

>無駄に地元の人間の神経を逆撫でする真似を、本当にバカなんですね。
安心してください、守らないのは沖縄県民だけじゃ無いですからー。

ならもうこのまま自壊して他国に占領され待つか?
KU
2024年06月05日 12:48
迎撃もできなければ探知もできない…「いずもドローン模擬攻撃事件」で明るみに出た“日本安全保障のリアル”〈小型ドローン1機でイージス艦が5~6年は使用不可能に〉

https://bunshun.jp/articles/-/71162?page=1

防衛省自衛隊のことだから実際にイージス艦が破壊されても、何も変わらない可能性もゼロでわないですよぬ^_^;
通りがかりの軍オタ
2024年06月05日 14:13
> ならもうこのまま自壊して他国に占領され待つか?
すでにアメリカ様に占領されてるから中韓に占領させる心配はないとか
333
2024年06月05日 19:10
>ならもうこのまま自壊して他国に占領され待つか?

最初からグズグズのグダグダの様な気がしますけど?
突っこみ役のアメリカが居なければ(功罪ありますが)もっとひでえことになってるんじゃない。
だいたい今の状態なんてアホな政治家が国会で「政治ごっこ。反対ごっこ」をやっている裏で官僚がせっせと法案をこしらえたり真面目に仕事をして、実質的に顔が向いてるのは君臨しているアメリカ幕府じゃあありませんか?

政治家→座敷牢に入れられているのが解らず政治しているつもりのバカ殿(いやねえ・・・議員立法が珍しい国って何? 立法の府に
素人がいっぱい入れちゃうってさ・・・w )
官僚 →家老とか藩首脳部
アメリカ→幕府 

だいたいの民主主義国の議会ってのは議員および議員スタッフが議員法制局の援助を得て立案しとか言ってるよね。
いや。本来そうなんだよ。
選挙運動のときに「じゃあお前、何か法案考えてんのか?どんな法案提出するんだい?教えてよ」と突っ込んだらしどろもどろになるんじゃなかろうか・・・

アメリカさんと官僚さんがしっかりしてくれていたら。
国会議員が全員夏休み取るか。インフルエンザで国会閉鎖になっても北のテロかミサイル攻撃で全員爆殺されてアボンッ!しても
普通にこの国動いてくと思うんだが?
ゴリゴリの合理主義でアメさんが剛腕で仕切って官僚動かした方が危機管理うまく行ったりしてw

大リーグチーム首脳部と進学校の役回り素人教諭のヘッポコ監督の高校くらいの差が出ちゃったらどうする?

米軍新GHQ「合理的に核武配備させますわ。以上!異論は認めん!装備も最適なのに見直します」
『なんやねん!このガラクタ装備は!全部更新!更新!やる気あんのか!』←心の声

皇居の周辺か京都をバチカン市国みたいにして。
他をアメリカの州にすると・・・アメリカの国内法が適応されて
米軍が低空飛行とか環境汚染とかやりたい放題できなくなるんだよね。アメリカの州って独立性が強くて州軍持ってたりして江戸時代の藩みたいなもんだから意外といけちゃうかもよ?

薩摩隼人のアメリカ大統領とか、めっちゃ見て見たい気がするけど・・・・トランプ以上にヤバいか・・・
朝からホワイトハウスで猿叫しながら立ち木打ちをしてるのよw

テキサス出身の副大統領「こりゃあ負けてはおれん!早撃ちの練習ばせねば!」




偽陸士
2024年06月06日 10:59
風鈴火山様。

>その国会答弁についてですが、「電波法上の制約によって」周波数を変更したわけではない、という意味にも取れますね。自衛隊用に周波数を変更したけれども、それは電波法上の制約が理由なのではなく、自衛隊の任務上で最適化するためだ、との逃げの弁明が隠されているのではないでしょうか。


こんな感じだろうか?

「自衛隊の任務では視界外飛行はしません。キリッ」

それならそれで納得です。
広多無と同じで遠くまで飛ばない。

誰か行ってこいで済ますつもりなのだろう。

マリンロイヤル
2024年06月06日 16:49
>>日本政府が防衛費を上げる前にやるべき3つのこと
陸自予算の削減、新戦闘機開発の中止、耐震改修…
https://toyokeizai.net/articles/-/757744


軍事情勢の分析は同意ですが、陸を減らして海空に回すのは同意出来ないですね。

海空自は、予算を増やしても中国の軍拡ペースから見て、追いつく事すら不可能で、守るべき海域・空域と捨てる所の算段をすべきです。

具体的には宗谷・津軽・対馬・大隅・宮古の海峡部を要塞化し海空戦力を集中、陸自の対艦ミサイル部隊と共に陸海空でガッチリ閉める能力を付けるべきです。

陸自は他に、ミサイル・工作員・特殊部隊による国内インフラへの攻撃に対する防御と復旧に対処する必要があり、これには大量の人員が必要。

陸自の現役を7万まで減らすのは同意ですが、予備役を再編成して10万人、出来れば14万人必要でしょう。

アメリカの州兵は、手当が月4万円だそうですが、14万人に月10万円払っても年間1680億円しか掛かりませんよ。
ブロガー(志望)
2024年06月09日 20:05
お邪魔します。
 日本人には論理が無いが故に物事を関連付けて考える事ができず、事象それぞれに対して個別に場当たり的に対応しようとするのです。国防・安全保障問題と財政問題はそれぞれ別の問題と捉えているので、「そんな軍拡をしたら財政が破綻するぞ。」と言われても「財政の事は財務省にでも言え。」としか考えられないのではないかと。でもってその国防・安全保障もその「体系」といった事が考えられないので、具体的にどう使うかも考えずに高額兵器を買い漁って、それで強化されたと思っているのでは(その兵器が倉庫で埃を被っていても)。