【イスラエルガザ侵攻】平和運動家こそ平和の敵 【追記あり】

紛争や戦争でどちらかが絶対悪、絶対善というハリウッド映画的な勧善懲悪の構図は現実には成立しません。ですが当事国やそれぞれを応援する各国政府、国連組織、メディアはフェイク情報を流してまで片方を悪者にして、片方を正義あるいは虐げられている善良な人々というスタンスで報道して、世論を捻じ曲げます。これは報道ではなく、プロパガンダによる世論誘導で…
コメント:40

続きを読むread more

定義なき平和国家って何なのさ? 平和国家は夜郎自大の思い上がり

巷では平和国家だから武器輸出をするなら「平和国家」ではなくなる、ハマスと苛烈な戦いをしているイスラエルのエルビット社や他のイスラエル装備を買うと「平和国家」ではなくなる、とか主張する人たちがいます。 ところがその「平和国家」の定義ってなんでしょう。なんかふわふわした情緒的なものではないでしょうか。少なくともぼくはその定義を聞いたこ…
コメント:53

続きを読むread more

もがみ級はオーストラリアに採用されるか・

もがみ級がオーストラリアの次期フリゲート候補となっていることで、ウキウキな人たちが増えていますが、立ち上がりの段階ですからあまり真に受けない方がよろしいでしょう。 潜水艦選定のときにどうなったか、ということを思い出せばよく分かる話だと思います。 ぼくは海自がもがみ級では不十分だということでもがみ級改良型を採用することになったわけ…
コメント:36

続きを読むread more

国産水陸両用装甲車は白日夢

 こういう胡乱なテクノナショナリズムを煽る記事はどうかと思いますよ。現状でも開発中の国産水陸両用装甲車は失敗確実です。「米軍が関心」とか既に死亡フラッグですよ。ホントに必要ならば再度海兵隊が挑戦していますよ。 夢の「“爆速”水陸両用車」実現するか そもそも必要? 大金はたいたアメリカが日本に託すワケ https://traffi…
コメント:26

続きを読むread more

電気自動車至上主義は欧州のご都合主義

欧米でEV至上主義が見直されています。散々EVにしないと死ぬみたいな、無責任な記事を垂れ流してきた日経も認めざるを得ない状態です。 ぼくは以前から繰り返してEVへの急激なシフトは無理だと申し上げてきました。 EVシフトし至上主義はEVにしないと温暖化で地球死ぬ、みたいなまるで宗教的ドグマです。そもそも温暖化が化石燃料燃焼によるも…
コメント:80

続きを読むread more

武器輸出と防衛産業振興のイリュージョン

防衛装備輸出「全面解禁に」 5類型は撤廃 谷内元国家安保局長に聞く 歯止めはNSCで検討 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78841490Y4A220C2PD0000/ >国家安全保障局の初代局長を務めた谷内正太郎元外務次官が日本経済新聞のインタビューに答えた。 >日本が置かれた安保…
コメント:8

続きを読むread more

【マフィアと腐敗の国】ウクライナ人が命をかけて祖国を守る価値が祖国に有りや?

珍しく日経の良記事です。 以前から申し上げてきましたが、ロシアのウクライナ侵攻に正義はない。だがそのロシアの侵攻を招いた一因は西側の行き過ぎたウクライナ贔屓がある。だからロシアを正当化はしませんが、それは厳然たる事実です。 苦闘ウクライナ1 国がまるで2つの世界に https://www.nikkei.com/articl…
コメント:54

続きを読むread more

武器禁輸に過剰な期待を持つものではない。

日経でロシアが日本製を含む外国製コンポーネントや生産手段を入手している記事が一日の朝刊で3本でました。これは結構珍しいのではないでしょうか。 ロシアのウクライナ侵攻が始まって経済制裁によりロシアの兵器産業は大打撃を受けるといっていた「専門家」の人たちが一定数おりましたが、ぼくは何度もご案内のように否定的でした。 それはそもそ…
コメント:25

続きを読むread more